男性ホルモンによって起こる抜け毛やAGAとミノキシジルやプロペシアの発毛効果を実証

AGAに有効な薬といってもいろいろありますが、効果が実証されているのはプロペシアとミノキシジルという薬です。薄毛というのは加齢が原因で引き起こされてしまうことも多いです。若い頃は気にならなかったかもしれませんが、年齢を重ねるごとに髪の毛の悩みは増えてしまいますし、男性のほとんどが悩んでいるものでしょう。髪の毛は見た目の印象に大きな影響を与えますし、髪の毛が少ない人よりもボリュームのある人の方が若々しく見えるものです。現在ではさまざまな研究や臨床試験が行われていますし、薬や育毛剤などもいろいろ販売されています。AGAの改善にはプロペシアとミノキシジルという2つの薬が使われることが多いのですが、その効果や特徴などは異なっています。プロペシアは服用するタイプの育毛剤であり、AGAの原因となるDHTの生成を抑制してくれます。DHTは男性ホルモンが変化した物質なのですが、薄毛や抜け毛の原因になってしまうと言われています。薄毛や抜け毛の原因に直接働きかける薬であり、副作用としては性欲の低下や勃起不全などが挙げられます。ミノキシジルはもともとは高血圧の治療のために開発された薬なのですが、臨床試験によって発毛効果が認められたため、AGAの治療薬としても使われるようになりました。頭皮の血流を高めることで毛根に栄養を行き渡らせることができますし、髪の毛の再生を促進してくれるのです。頭皮に塗るタイプと内服するタイプがあり、塗るタイプの方はドラッグストアでも購入できることがあります。さらに効果を期待する場合、病院で内服するタイプを処方してもらうと良いでしょう。副作用として頭皮の痒みなどが起こってしまうこともあるため、肌が弱い人や肌が敏感な人は注意が必要です。活性化して発毛へと導くことができるため、健康的な髪の毛を育てたいという人におすすめです。また、さらに効果を高めたいという場合、ミノキシジルとプロペシアを併用しても良いでしょう。この2つは併用しても問題ありませんし、高い効能を得られることが実証されています。しかし、薄毛が少し気になり始めた程度で薬を併用するのはあまり良くないかもしれません。薬をたくさん使えば効能がアップすることは確かなのですが、副作用のリスクも高まることを知っておきましょう。初期であればそこまで対策しなくても改善できることも多いですし、髪の毛の状態と向き合いながら適切なケアを行うことが大切です。初期の薄毛対策としては塗るタイプの育毛剤の方が使いやすいという人もいるでしょう。しかし、初期の段階ではAGAの原因を絶つプロペシアを内服するのがおすすめです。既に抜け毛が進行してから対策するよりも、早めに抜け毛を食い止める方がずっと簡単なのです。髪の毛がかなり薄くなってしまった人や進行したAGAのケアをしたい場合、プロペシアにミノキシジルをプラスした積極的な対策をした方が良いでしょう。